ダイレスNCフォーミング

 ダイレスNCフォーミング機は、専用金型を使わずに金属の薄板を3次元形状に成形できる画期的な装置です。産学官のパートナーシップ制度を利用し、新しい成形技術として研究が始められた逆張り出し成形法をいち早く取り入れ、試作や小ロッド生産向け工法の一つとして実現しました。X・Y軸の水平動作とZ軸の垂直動作、材料を固定するワークホルダの昇降機構で構成されており、ワークホルダに固定された材料が受け治具に押し当てられつつ、それら一体が水平移動し、Z軸の先端に取り付けられた成形工具が少しづつ垂直方向へ材料を伸ばし3次元の逐次成形を行います。

 ダイレスNCフォーミング機の成形法では、工具と接触した部位の材料を変形させ、基本的には材料の流入・流出を抑制します。これによりプレス加工では実現の難しかった複雑な形状なども成形できます。また、あらかじめ計画していれば、受け治具やワークホルダなどを修正することなく、板厚や種類などが異なる材料の成形はもちろんのこと、プログラム変更だけで異形状の成形をすることも可能です。 成形工具によって伸ばされた部位の材料は板厚減少を起こしますが、未成形部は変形が無いことから板厚の減少もありません。この特性を利用すれば、すでに成形されたパネルや管鋼材などに対して、追加で成形することも可能です。 プレス加工と比べ省エネルギー、小スペース、低振動、低騒音で成形できます。一枚あたりの成形時間は必要となりますが、簡単な受け治具とワークホルダがあれば成形を開始することができるため、初品出しまでに費やす時間を大幅に短縮することができます。また、金型不要の為、低コストにて製品を取得することが可能です。これらの特徴は、ダイレスNCフォーミング機による逆張り出し逐次成形法および張り出し逐次成形法ならではの最大のメリットです。


POINT

1. 金属薄板の3次元成形が金型不要で可能

2. プレス加工と比べ、低出力・小スペース・低騒音・低振動

3. 様々な形状に対応する高い自由度

4. 試作品など初品出しまでの工期短縮

5. 金型レス・工期短縮による試作開発費の削減



ダイレスNCフォーミング装置構図


加工品事例