ホットスタンピング

 主に自動車産業において、衝突安全性の向上と軽量化を目的に、超高張力鋼板などの高強度部材の適用が望まれています。高強度材料の冷間プレス成形は、成形荷重やスプリングバックの増大、成形性や金型寿命の低下等が発生するため困難とされています。このことから超高強度鋼部材を製造できるホットスタンピングが注目されてきました。ダイクエンチングによって1.8GPa級超高強度鋼部材が製造でき、低い成形荷重とスプリングバックの防止、高い成形性の実現など多くの利点が得られる成形方法です。加熱した鋼板を、金型でプレス機械により成形すると同時に、その金型と鋼板の接触による冷却を利用し鋼板の焼入れを行うことで、高強度プレス加工部品を製作する工法です。 鋼板をオーステナイト組織が現れる温度以上に加熱し、金型による冷却にて焼入れを行い、マルテンサイト変態を引き起こします。ほぼ形状の成形が完了した後に組織変態が生じているため、成形時に生じる残留応力発生が少なくなります。残留応力が少ないことの利点として、スプリングバックが少なく形状凍結性が良い、遅れ破壊の心配が少ない、と言う特徴が挙げられます。その一方、焼入れ完了後の状態では、高強度であるため追加の加工に制約があります。具体的には、追加の塑性加工が困難であり、プレス加工に依る部品外周の切断が困難です。


POINT

 プレス機械に求められる特徴
1. 高速下降
2. 下死点加圧保持
3. 自由度の高いモーションコントロール
#

加熱工程

#

プレス工程

#

トリム・ピアス工程


LINE UP

  コストの低減を実現した  ハイドロプレス


  スライド動作の高速化     省エネルギーを実現した   ハイドロリンクサーボプレス


More info

    スライドの高速動作     省エネルギー・フレキシビリティ メカニカルリンクサーボプレス


More info