複数工程をワンストロークで。

本機は、サーボモータ駆動ポンプを使用した油圧システムにより、5軸の油圧シリンダを独立制御し、省エネルギーで高速・高精度の動きを実現した最新の油圧プレスです。

複数の軸を使用し、各シリンダをそれぞれ圧力・位置で独立制御をすることで、1ストロークで多工程の成形が可能となります。

また、主駆動をサーボモータとすることで、電力消費量・作動油量・冷却水量の大幅な削減が出来、省エネルギー・好環境を実現したプレス機となっております。

メカニカルリンクサーボプレス
サーボモータ駆動方式による省エネルギー油圧制御!
軸毎に専用ポンプを設け、各軸を完全独立制御!
 
 
Image
充実のインターフェース!
当社が提供する各軸設定・グラフ化ソフトウェア!
 
 
Image

特徴

  従来の複数工程で成形していたものを油圧プレスでワンショット成形が可能。
  成形荷重を縦方向に分散化したことにより、プレス工程が劇的に小型化。
  トランスファプレスと異なり、プレスの中心で加工ができるため製品精度が向上。
  主駆動をサーボモータとすることで、電力消費量・作動油量・冷却水量の大幅な削減。

実績値

  実積機加工能力:2,000kN

実績値

  実績機加工能力:2,000kN

実績機事例紹介

MAP-200

MAP-200

用途 自動車部品製造
主駆動能力 2,000kN
スライドストローク 550mm
デーライト 1,200mm
テーブル寸法 530×560mm
ノックアウト出力 30~600kN
ノックアウト突出し量 700mm